トマトさん【ひまむえほん文庫】

こんばんは、ひまむです!

 

ココナラでの絵本アドバイスも、あれからまたご依頼頂き、7冊の絵本をママさんにご紹介しました。

さっそくその中からお子さんに絵本をプレゼントしていただけたようで、とても嬉しい気持ちに、、!

たくさんの絵本から一冊を選ぶのって、本当に大変ですよね。

助かりましたと言っていただき、始めてよかったな〜と心から思います。

 

もしご興味のある方はのぞいてみてくださいね。

あなたやお子さんにぴったりの絵本をチョイスします 絵本選びが難しいと感じている方に。|子育て・教育 | ココナラ

 

では絵本の話を、、。

前々回紹介した絵本で大好きなカエル姉妹がわけてくれたトマト。

今回はそんなトマトの絵本です。

 

「トマトさん」

作・田中 清代

福音館書店

f:id:hmr__mam:20190806020112j:image

 

この季節、絵本コーナーに並ぶこの絵本を目にした方も多いのではないでしょうか。

そんなインパクト大の表紙を開くと、真っ赤に熟れたトマト色の見返しが!

見返しにどんな思いやこだわりが込められているのか、どうしてこの見返しなのかを考えるのも絵本の楽しみのひとつですよね。

 

そしてぼってり、どっしりしたトマトさんの、かわいくて美味しそうなこと!

初めてこの絵本を見たときのインパクトは、いつまでも薄れることはありません。

トマトさんには目が離せない魅力がありますよね。

 

ツンケンしたトマトさんにもみんな嫌な顔をすることなく、素直になるのって良いことだよ、それを暖かく受け入れるのもとっても素敵なことだよー!!!ってかわいく楽しく教えてくれる、大好きな絵本です。

 

が!

そんな「絵本の教え」なんてどうでもよくて。

この絵本の好きなときろ、魅力的なところは、「夏!」をめっちゃ感じられるところです!

 

じりじり照りつける太陽。

焼ける頬。

そんな頬をきりりと冷やす、飛び込んだ川のひんやりした触感。

水からあがってくったり重い身体。

さらさら頬を撫ぜる風。

 

そんな夏の心地よさや水遊びの楽しさを、絵本を読むだけで体感することができます。

そして、きりっと冷やしたトマトも食べなくなる…はず笑

連日の雨でだいぶ涼しくなった感じもありますが、夏の思い出を絵本を読みながらお子さんと語るのも素敵ですよね。

 

最近は年中スーパーにならび、めっきり季節感の少なくなった野菜たちですが、この絵本を読むことで自然とトマトが「夏野菜」であることも知ってもらうことができますよね。

良いところが盛りだくさんの、夏真っ盛りな今にぴったりな絵本でした。

 

ではまた、ひまむでした!

 

トマトさん (こどものとも絵本)

トマトさん (こどものとも絵本)

 

 

 

番外編!恐竜まみれ

こんにちは!ひまむです!

ただいま興奮冷めやらぬままブログを綴っています。

 

ときにみなさま、「子ども科学電話相談」をご存知でしょうか。

 

様々な科学の分野における、子どもたちの純粋でちょっとした疑問を、専門の先生方が真剣に、わかりやすく回答するというラジオ番組。

今年からレギュラー放送となり、ますます番組は盛り上がっております。

(ちなみに次回は8月25日、私の推している藤田先生ご出演です)

(天文の永田先生も推しています)

(永田先生は学生時代土星を推してらっしゃったそうです)

 

子ども科学電話相談のなかでも絶大な人気を誇る分野があります。

それが「恐竜」です。

恐竜分野の魅力は、電話をかけてくる子どもたちが「ガチ勢」であるということも大きな要因かと思われます。

ガチ勢たる子どもたちと、もちろんその上を行く先生の、いわば知識の殴り合いとも言えるようなバトルが、最高なんです!

(そういう諸々はここでは紹介しきれないので、ぜひ子ども科学電話相談のHPで!読む子ども科学電話相談 質問まとめ|NHKラジオ らじる★らじる)

そしてその恐竜の先生が、古生物学者であり、デイノケイルスやむかわ竜の全身骨格の発掘に携わった、小林快次先生なのです!

 

そんな日本の恐竜発掘の最前をゆく小林先生が、先日本を出版されました。

 

「恐竜まみれ 発掘現場は今日も命がけ」

著・小林快次

f:id:hmr__mam:20190820084124j:image

 

これ、恐竜に全然興味ないよ〜っていう人も是非読んでほしいです、本当に面白い!

私の化石発掘、恐竜研究のイメージってなんとなくぼんやりしているというか、まあ化石掘ってるんだろうな黙々と……、みたいな感じだったんですが、違いました。

全然違いました。

めちゃくちゃアドベンチャー

めっちゃ大冒険!

本のタイトルのとおり、まじで小林先生命がけです。

なにせ一章にも入らない一番初めに、グリズリーに遭遇するんですから。恐竜ではなく、生きて、獲物と見なしこちらに向かってくるグリズリー。

 

耐え難い緊迫感が走る文に、ぐいぐい引き込まれてしまう。

 

灼熱の砂漠を生き延び、いつ落ちるやもしれないアラスカのヘリを乗り越え、化石盗掘に怒りを覚え、それでも化石を探し歩きまくるファルコン・アイ小林先生の生き様を垣間見させてくれる本書。

本当に本当におススメなので、ぜひ読んでほしいです。

本当に。

こちら↓から試し読みもできるので読んでみてくださいね!

小林快次 『恐竜まみれ―発掘現場は今日も命がけ―』 | 新潮社

化石盗掘については考えさせられることも多く、これを読めただけでも買ってよかったと思いました。

 

と、これだけ熱く語ったら私の小林先生好きがみなさんにもわかっていただけたと思います。

 

そう、こんなに大好きな小林先生の、

 

 

 

サイン本が当たっちゃいました!!!!

 

 

 

もーね、もーこんなことある?????

信じられる?????

ツイッターの企画で当たったんですが、DMきて声出るぐらい驚きました。

 

そして届きましたー!!!!!!やったー!!!!!!!

 

f:id:hmr__mam:20190819222853j:image

ポストカードめっちゃかっこいい。これは飾ります。

むかわ竜と向き合ってる小林先生とか主人公すぎてもはや恐ろしい。恐竜だけに。


f:id:hmr__mam:20190819222844j:image

うわー!!!

ほんとにサイン書いてある!!!!!

サインの上の「Carpe Diem」、どういう意味かなと思って調べたら、「その日を摘め」「今この瞬間を楽しめ」という意味だそうです。

まさに今この瞬間を楽しみ、一瞬一瞬を全力で化石と向き合っている小林先生にぴったりの言葉だと思いました。


f:id:hmr__mam:20190819222848j:image

せっかくだからすでに買ってたやつと並べたよ!むふふ!

 

本当に本当に感無量でした。

何がって小林先生が「この感想の方に」って言って選んでくれたんだよ……。一生の思い出じゃんかー!

 

ありがとうございます。末永く読みます。

 

めちゃくちゃ長く語ってしまい、申し訳ございません。それだけ最高でしたということです!

ちなみにNHKラジオアプリ「らじるらじる」では聴き逃し放送があり、先日の恐竜スペシャルが9月29日まで聴けるそうです!

小林先生以外のステキな恐竜の先生方もご出演のスペシャルな回なので、ぜひ聴いてみてくださいね!

 

ではまた!

ひまむでしたー!!

 

 

恐竜まみれ :発掘現場は今日も命がけ

恐竜まみれ :発掘現場は今日も命がけ

 

 

 

はじめてのやさいスープ【ひまむえほん文庫】

こんにちは、ひまむです。

今日は台風が上陸するということで、私もむすめちゃんも、昨日からばあばのお家にお泊りしてゴロゴロしております。

ばあば感謝。

 

みなさんも危険なのでなるべく外には出ず、お家でゆっくりしましょうね!

お家でゆっくりが一番難しいんですけどねむすめちゃんといると。

 

さて今回の絵本です。

単行本の流れに戻してご紹介していきますよ〜!

 

「はじめてのやさいスープ」

文・ジェーン・モデシット

絵・ロビン・スパウォート

訳・おびかゆうこ

f:id:hmr__mam:20190806021107j:image

 

明るく騒がしい「まよなかのだいどころ」とは違い、こちらの台所はなんとからっぽ!

セオドールとエルシー大好物のニンジンが、全くないというのです。

引っ越してきたばかりのふたりは、ご近所さんにわけてもらうことにしました。

しかしもらえるのはニンジンではないやさいばかりで……。

仕方なくふたりはそのやさいたちをスープにすることにしたのです。

 

ふんわりしたタッチがとてもかわいいこの絵本。

主人公にうさぎたちふたりもふわっふわですごくかわいいのですが、1番魅力的なのは、間違いなくカエルの姉妹!

ばっちりとお化粧をして、優雅な身のこなしで……。

ちいさな頃の私の憧れでした(化粧しすぎ感はある)(そこが良い)。

ぱあっと明るく、いい意味であんまり空気も読まないで(これはこの絵本に登場する動物たちみーんなこんな感じですけどね!)、人生もすごく楽しそうなんです。

読んでいたあの当時からもう20年ぐらい経ちましたが、いまだに「こうありたいな」と思います。

 

ちなみにこの絵本、最後に作中で作ったやさいスープの作り方が載っています。

本文は少し長めですが、全てひらがななので、文字が読めるようになったぐらいの子なら一緒に作ったりできると思います。

私も子どもの頃におばあちゃんと何度も作りました。

大きくなってから思い出して作ってみたこともあります。

ほっこりと優しい、やさいのおいしさが溶け込んだスープです。

コンソメやお醤油などで味を整えるのがおすすめですよー!

 

今日みたいなお出かけできない日には、一緒にお料理してみるのもいいかも??

晩ご飯の一品も決まりますし!

ぜひお子さんと楽しい時間をすごしてくださいね。

 

ではまた!

ひまむでした。

 

 

はじめてのやさいスープ

はじめてのやさいスープ

 

 

 

ない!【ひまむえほん文庫】

こんにちは、ひまむです!

 

毎日暑すぎて暑すぎて、本当に外に出ていないです。

外に出るときは基本水辺に行きます。暑いから。

f:id:hmr__mam:20190814123737j:image

この間は川にゆきました。川サイコー!!

 

さて、絵本の紹介です!

今回は単行本の絵本ではなく、月刊誌である「ちいさなかがくのとも」の今月号をご紹介します。

むすめちゃん絶対好きやんと思って本屋さんでためしに読んでみたら、想像以上に大ヒットしてたので買った一冊!

好きでしょ!と思った絵本がヒットすると本当に嬉しい(めったにない)(ほとんどない)。

 

「ない!」

作・名久井 直子

写真・井上 佐由子

f:id:hmr__mam:20190814124341j:image

 

「ぶどうが…… ない!」

「うしが…… いない!」など、前のページではたしかにあったものが、次のページでは忽然と消えてしまっているという、わりと単純な絵本。

でもそれがむすめちゃんには良かったんだと思います。

「ない!!!!!」とちょっと大げさに読むだけで大ウケします。

同じパターン繰り返しなのも良かったな。

 

もう少し大きくなったら、「どうしてなくなったのかな?」「誰かが持っていったのかな?」「どこへ行っちゃったんだろう」などなど、絵本外のストーリーを一緒に考えてみるのも面白そうだと思いました!

 

本誌に挟まってある「おりこみふろく」では、本編に登場した砂のお城が、少しずつ波に連れていかれる様子も紹介されており、じんわりとした儚さを感じることもできました。

「ない」って、なんだか儚い。

でも「ない」ことで生じる驚きってちょっと楽しい。

「ない」を知ることで、次は「ある」ことの良さや儚さを感じてもらいたいなと思いました。

とってもステキな絵本です。

 

むすめちゃんは最近写真絵本にも興味があるみたいなので、いろいろちょこちょこ読んでみています。

実物が見たいころなのかな?

今回の絵本では、裏表紙のヤクルトに夢中でした。

 

ちなみに「母の友」の今月号でも名久井さんがお話されています。

特集もとっても興味深く読ませていただきました。こちらもおすすめ!

f:id:hmr__mam:20190814130840j:image

ほかの特集もすごく面白かったです。

 

ではまた!

ひまむでした。

 

 

 

ちいさなかがくのとも 2019年 09 月号 [雑誌]
 

 

母の友 2019年9月号 特集「絵本選びのヒント ”おもしろい絵本”ってどんな絵本?」

母の友 2019年9月号 特集「絵本選びのヒント ”おもしろい絵本”ってどんな絵本?」

 

 





 

 

まよなかのだいどころ【ひまむえほん文庫】

こんにちは、ひまむです!

 

ちょっと間が空きましたが、、笑

 

少し前に紹介した、ココナラでの絵本相談。

ありがたいことにおひとりのママさんに依頼していただきました!

ストーリーのある絵本をなかなか読んでくれないというお悩みだったので、短くてあっさりと読めたり、お子さんが好きなものが出ていたりする絵本をいくつかご紹介しました。

お子さんはむすめちゃんと月齢まで同じだったのですが、これぐらいの子ならストーリーのある絵本にそこまでの興味がなくても全然問題なし!

それに、好きな絵本も何冊かあるとお伺いしていたので、どんな絵本でも、絵本が好きなだけで最高!ということもお伝えしてきました。

今は発達的にも、同じことを繰り返しやりたい時期。

絵本でも、同じものや知っている展開を目にすることで得られる安心感、満足感を楽しんでいます。

何度も読んだり目にしたりしているうちに、少しずつ「好きな絵本」まで昇格していくので、今は「読んで!」と持ってきてくれた絵本をとにかく読んであげるのがおすすめです。

 

このママさんには製本の仕方も教えてほしいと言っていただいたので、また準備ができたらミニ製本講座も開催する予定にしています!楽しそう!

 

そんな初めての絵本相談でした。

ありがとうございました!

 

さて今回の絵本は、「かいじゅうたちのいるところ」でもおなじみの、モーリス・センダックの絵本をご紹介します。

 

「まよなかのだいどころ」

作・モーリス・センダック

訳・じんぐうてるお

 

f:id:hmr__mam:20190714010659j:image

フランシスの夜が少しこわいものだったのに対して、この絵本の主人公、ミッキーの夜は明るく騒がしい台所!

3人のパン屋さんがミッキーとミルクを間違えて、なんとそのままこねこね。

困ったミッキーはミルクを探しに行くことに。

 

全画面遊び心のある細かな絵がとても素敵な絵本です。

特に心をつかまれるのが、ジャムやイーストの瓶なんかが建ち並ぶ、台所のビル群!

これがめっちゃおしゃれでかわいい!!

パイロットとなったミッキーが、ミルキーウェイまでミルクをとりにいく見開きのシーンなんかは、このままお部屋に飾りたいぐらいです。

 

ナンセンスでコミカルなストーリーは、すこし不気味に感じるかもしれませんが、意外とこどもたちは平気です。

文章もリズミカルで読んでいてとっても気持ちがいいので、好きになってくれる子も多いのではないでしょうか?

ちなみにうちのむすめちゃんはまだ興味なしでした笑

素敵な絵本なので、もう少し年齢があがったらぜひたくさん読んでほしいですね。

 

ではまた、ひまむでした!

まよなかのだいどころ

まよなかのだいどころ

 

 

 

おやすみなさいフランシス【ひまむえほん文庫】

こんにちは、ひまむです!

 

今回は以前のブログでも紹介した「人生の5冊」のなかから、もう1冊ご紹介します。

 

「おやすみなさいフランシス」

文・ラッセル・ホーバン

絵・ガース・ウィリアムス

訳・まつおかきょうこ

 

f:id:hmr__mam:20190712143316j:image

小さな小さな子どもだったころ、私も夜がとても怖いと思っていました。

暗闇にぼんやりと浮かぶなにかの影、

真っ暗のその先にいる(であろう)なにか、

お父さんお母さんが本当に本物なのか……。

眠れない夜にはそんなことをずっと考えて、1人で怖くなっているような子どもでした。

フランシスみたいに。

 

昔この絵本を読んでいたときは、フランシスの気持ちが手に取るようによくわかりました。

1人の部屋のおそろしさ、私の知らない時間のお父さんとお母さん、甘えたい気持ち。抱きつきたい気持ち。

本当の本当には怖がってないけど。

 

今読んで思うのは、両親の気持ちが痛いほどわかること!

笑っちゃうぐらい両親の気持ちわかります。

そりゃフランシス寝たかなと思ったらテレビ見てケーキ食べるわ。

寝るときぐらいゆっくりしたいから一緒には寝ないわ。

この絵本はお父さんお母さんの気持ちは描かれていませんが、2人のうんざりが本当びしばし伝わってきます。

 

大人になって読み返して、1番感じ方が変わった絵本かも。

変わらないのは、大好きで、とっても大事な絵本だということ。

(そして我が家は親子3人川の字で寝ているということ。今もむすめちゃんと!)

 

鉛筆で描かれた白黒の絵はじわっと暖かい雰囲気。

フランシスとお父さんお母さんも色々な表情があって、とてもかわいいです。

 

どうでもいい話ですが、フランシスが女の子だというのも大人になって読み返して気がつきました。

この子ずっと「私」って言うてるわ。

 

ではまた!

ひまむでした。

 

おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ)

おやすみなさいフランシス (世界傑作絵本シリーズ)

 

 

 

ココナラで絵本についての相談はじめました

こんにちは、ひまむです。

 

めっっっちゃ暑いですね!!!!!!!

f:id:hmr__mam:20190726172419j:image

暑いし夏休みだからどこも人多いしで、なんだか最近外に出るのめっちゃ億劫なんですが、娘はそうもいかないのでしぶしぶどこかしらには行っています。

 

そんななかよく行くのが図書館!

絵本もいっぱいあるし、言うほど夏休みだからって大きい子どもも増えないし、何より冷房がついてる!!!!!!

ちょっと歩くので娘的にもいいお散歩になって、帰りもベビーカーでぐっすり眠ってくれるめっちゃ良スポットなのです。

ありがとう図書館。

 

そんな図書館でたくさんの絵本を見ててふと思ったのですが、

みんなこの膨大な数の絵本の中から、どうやって一冊を選んでるんだろうなということ。

ある程度大きくなってくると子ども自身の好みが出てくると思うので、興味のある子は自分で選ぶかなーと思いますが、赤ちゃん絵本ってやっぱり選びにくいかなと思ったり。

 

そういう悩みにちょっとでも手助けできればと思ったのがこのブログの始まりだったのですが、このブログの記事はあくまでも不特定の子ども(もしくはうちのむすめちゃん)を対象にして絵本を紹介してきました。

でも、本当はもっともっとフォーカスして、「この子に!」と言える絵本を紹介したい!

だってどれだけ人気がある絵本だって、それが好きな子、全然好きじゃない子っていますもんね。

 

ペンギンが好きなうちの子にぴったりの絵本は?

トイレトレーニングに興味を持てる絵本は?

低月齢のうちの子でも読める絵本ってあるの?

うちの子は絵本を読まずに舐めたりするだけなんですけど……

そもそも絵本に全く興味をもってくれません!!

などなど、絵本についての悩みって意外と多いです。

 

そんな悩めるお母さんやお父さんの力に、ちょっとでもなればいいかなと思って始めました。

ぴったりの絵本をご紹介します 絵本選びを難しいと思っている方へ。|子育て・教育 | ココナラ

 

「うちの子」にぴったりの絵本ってなにかな?

だれか選んでくれないかな?っていう方はぜひご相談ください。

お話をきいて、こういう絵本がいいんじゃないかな〜と思ったものを何冊がご紹介します。

 

でも多分ね、私がチョイスした絵本の中にも、全然うちの子にはまらなかったっていうものはあると思います。残念ながら。

元も子もないことを言うと、その子の好きなものや興味があるものって、本当はその子しかわからないし!笑

 

絵本ってコミュニケーションです。

親と子をつなぐものの1つです。

1つの絵本を読むときに、子どもはお母さんの声やぬくもりを感じています。

そのコミュニケーションのとっかかりにでもなればいいな。

うちには必要ないと判断したならもちろんそれでいいけど、わからないからやめておこうじゃあまりにも勿体ないなと思います。

もし私が紹介した絵本がビビッとハマれば、それはすごく嬉しいですけど!

 

絵本って自由で楽しくてすごくすてきなものだと思います。

っていうのをもっと広めたい!

 

ではまた!

ひまむでした。